シロアリの種類

シロアリとひとことで言っても、その種類は多岐に渡ります。
しかし、その全ての種類が日本に生息しているわけではなく、日本ではほんの一部しか確認されていません。
日本で代表的なシロアリの種類とその特徴についてご紹介します。

日本のほぼ全域で確認できるシロアリが、ヤマトシロアリというものです。
このヤマトシロアリは枯れ木に巣穴を作る種類のもので、木を食べながら巣穴を広げていきます。
この種類は乾燥に非常に弱く、水分の運搬能力が低いので広範囲に渡って活動するということはあまりありません。

千葉以西の海岸線沿いや四国、九州などで見られるのがイエシロアリです。
イエシロアリは地下に巣を掘るもので、あちこちを食いつくします。
乾燥に弱いことはヤマトシロアリと同じですが、水分の運搬能力が高く、より活発に動きます。
また、イエシロアリは世界の侵略的外来種ワースト100にも選ばれているもので、シロアリ駆除の必要性はより高いものであると言えます。

イエシロアリを見かけた場合、すぐに対処しないとまたたく間に被害が広がってしまいます。
注文住宅など家を建てる際には、イエシロアリが近くにいないか綿密な調査が必要です。


Sitemap